銀粘土コラム

新しい銀粘土はこねた方がいいの?それともそのまま使うべき?

投稿日:

銀粘土はこねた方がいいのでしょうか?

ふとそんな疑問が浮かびました。

 

僕はいつも作品を作るときは
銀粘土をこねていたのですが、
いろいろと調べた結果、

銀粘土にはこねたほうがいい場合と
こねなくてもいい場合があるよう
でした。

 

・どんなときにこねるべきか?

・どんなときにこねなくてもいいのか?

参考になればと少しまとめてみました。

銀粘土はこねたほうがいいの?

銀粘土をこねた方がいい場合

まず銀粘土をこねた方がいい場合
ですが、銀粘土が固い場合や
失敗してやり直す場合
などです。

 

第1に粘土が固い場合は、
こねることで粘土を柔らかくして
粘土の伸びをよくしたり、
扱いやすくするためにこねます。

 

第2に失敗してやり直す場合
ですが、また元の状態に戻すわけ
ですので、粘土をこねないと
どうしようもないですよね^^;

 

こねる場合の注意としては、
まず水をつけすぎないこと。

水をつけすぎると粘土が柔らかく
なりすぎて大変なことになって
しまうんです(汗)

 

次に、ラップで包んでその上から
こねること。

そうすることで手に粘土がつくこと
を防ぎます。

 

最後に、粘土の中に空気が入らない
ようにこねていくこと。

空気が入ってしまうと焼いた時に
破裂してしまうので、それを
防ぐために空気が入らないように
こねていきます。

 

銀粘土をこねなくてもいい場合

銀粘土をこねなくてもいい場合は、
新品の粘土を使うときです。

新品の銀粘土はあけたときの状態が
一番いい状態らしいので、

形を変えたりしない場合は
そのまま伸ばしていったりした
ほうがいいようです。

 

ただ新品でも例外があって、
少し硬い場合や伸びが悪い場合
などは水をすこーしだけつけて
こねた方がいいです。

やはりこの辺は銀粘土の状態にも
よるようですね~。

 

僕の場合は始めたときから新品でも
ずっとこねて使ってきました。

ただ、下手にこねると空気が入る
恐れなどもあることは確かなので

新品を使う場合自分でこねない
でも大丈夫かな?と思ったら
そのまま使うのもありだと
思います。

 

こねるこねないはその人その人の
作り方によって違うと思うので、
自分のベストのやり方でやるのが
一番ですね。

 

ちなみに僕がいつもやっている
銀粘土のこねかたはこちらで
紹介しています

→ 銀粘土をこねて丸めてみよう!

 

次のページでは、銀粘土での
失敗談を語っています。

次のページへ

【アートクレイシルバーKーK】TOPへ戻る

 

-銀粘土コラム

Copyright© アートクレイシルバーK-K【カトサン工房】 , 2019 All Rights Reserved.