クロスのシルバーペンダントの作り方

TOPアートクレイメニューアートクレイシルバー作り方紹介クロスモチーフのシルバーペンダントの作り方

クロスモチーフのシルバーペンダントの作り方

クロスモチーフのシルバーペンダントの作り方を、実際に制作していった手順に沿って説明していきますね。

1、銀粘土の袋を開けて、粘土を出す。

アートクレイの袋を開けて、中から粘土を出しましょう。


2、銀粘土をこねて、丸くする。

袋から出した銀粘土を、丸くします。
粘土を下に押し付けながら、手のひらなどを使ってくるくるっと丸めます。


3、丸めた粘土を平らに伸ばす。

丸めた粘土をつぶして、伸ばしやすいような形にします。
そして、粘土の両脇にプラゲージという一定の厚みを持った板を置き、その上からローラーを転がして粘土を伸ばします。

粘土とローラーの間にクッキングペーパーを挟むと、くっつかなくてやりやすいですよ。


4、伸ばした粘土をカットする。

伸ばした粘土にあらかじめ用意しておいた、クロスの形の型紙をのせ、 その型紙に合わせてカッター等で粘土をカットしていきます。

ここで一つ注意するのは、粘土は焼くと縮むので、完成予定の大きさのクロスよりも、 型紙は少し大きめの物を用意しておきましょう。

今回はシルバーペンダントのデザインで、大・小2個のクロスが必要なので、同じようにして小さいクロスもカットします。


5、ペンダントを乾燥させる。

カットしたクロスの形の粘土を2個とも乾燥させます。

平らな物をドライヤーなどで乾燥させると微妙に沿ってしまうので、いつもと違う方法で乾燥させます。

平らな物の乾燥方法は、粘土を平らな板やそれに変わるものに挟んで自然乾燥、という方法で乾燥させます。


僕は、CDケースの上にクッキングペーパーをセロテープに貼り付けた物を2個用意し、カットした粘土を挟みました。
重しとして、ビデオテープと水入りペットボトルをのせ、このまま1日ほど放置します。


6、乾燥したクロスの形を整える。

乾燥状態のクロスをやすりで削って形を整えていきます。

まずは荒めの紙やすりを使って表面を平らにしました。削りすぎると薄くなりすぎてしまうので注意しましょうね。

表面をキレイに整えたら、次は普通の棒ヤスリを使って全体を整え、その後スポンジヤスリでキレイにします。


調子にのっていると、注意を怠ってしまいます。すると、右下の画像のようになります・・・えぇ折れました(ーー;)

まぁ、折れてしまったものはしょうがないですし、気を落とす事はないのです。しっかり修正すればいーんですから!


7、大小のクロスを貼り合わせる。

キレイに形を整えた大きいクロスに小さいクロス(折れてしまいましたが)を重ねつけます。


貼るときは、貼る部分に少し水をつけて貼り易くし、そしてペーストを塗り、重ね、貼り付けます。
ペーストと水がノリの役目になり、貼りつけられるんですよ。


折れた部分もしっかりつけます。そして、その部分にはペーストを多めに盛り、修正します。
盛ると少し盛り上がってしまいますが、それは後で削って整えるので大丈夫です。


8、模様を彫る。

7で修正したところを乾燥させたあと、シルバーペンダントに模様をつけました。

まず彫り模様の下書きを鉛筆で彫りたい場所に書いて行きます。
次に、その線になぞる様にして先の尖っているものなどを使って彫って行きます。


僕が使用しているのは、ニードルという彫る為の工具ですが、カッターの先や磨きヘラの先端で削っても大丈夫です。
自分の彫りやすい道工具で作業するのが一番ですよ。(^^)b


彫り終わった後は、彫った所と折れて修正した所を滑らかにする為、スポンジヤスリで削って整えます。

9、チェーンの通し部を作る。

チェーンを通す部分を作って、本体のクロスにつけていきます。

まず粘土をこねて丸め、ひも状に伸ばします。本体と比べてこの位の長さにしました。(左下の画像参照)

それに水を付けて、クロスの裏に付けて行きます。
チェーンを通す所の部分は、紙を丸めた物やストロー等を間に入れて、丸めておきましょう。


10、乾燥させる。

チェーンの通し部をドライヤーの温風で30分ぐらい乾燥させます。

乾燥し終わったら、スポンジやすり等で全体をキレイに整えていきますが、 その前にチェーンの通し部についている紙を丸めたものを外したいと思います。

ここは本当に折れやすいところなので、無理な力を加えないようにして外していきましょう。


11、修正します・・・。

紙を外そうとしたら見事に折れたので、修正の項目を追加です(汗)
コレを見ているあなたは気をつけてくださいね(笑)


筆にペースト状の粘土をつけて、折れた所(ペンダント本体の方と折れたチェーンの通す所の方)の断面に塗りつけます。

それらを軽くくっつけて、その折れた所の周りにも筆でペースト状の粘土をべたべたっと塗ります。


とりあえずはこれで、OKです。またまた乾燥させます。

乾燥させますと、右の画像のようにくっついています。

ですが、力を加えすぎるとまた折れる可能性があるので、その辺はあまり触らないように気をつけます(^ー^;)


12、全体をキレイにします。

焼く前の最終チェックになります。全体にスポンジヤスリをかけてキレイにしましょう。

修正した所はあまりいじらないようにします。そして、納得がいくぐらいキレイになったら焼成しますよ。


13、ペンダント焼成します。

電気炉で焼成しました。

中に入っているカオウールボードという白い板の上にペンダントを乗せ、中に入れてふたをしめます。

電気炉はとても熱く、注意して取り扱わないと怪我をしてしまうので気をつけましょうね。  700度で15分ほど焼きました。


14、焼き上がったペンダントを仕上げる。

15分たったら、電気炉の温度をじょじょに下げ、600度を切ったら電気炉から出して冷まします。

焼きあがった物は白くなっていて、これが銀!?って感じがするんですが、 ステンレスブラシで全体を磨くとしっかり銀色の地肌が見えてくるんですよ。


全体をステンレスブラシで磨いた後、鏡面仕上げにする為に磨きヘラという金属の棒で、 表面を力強く磨きます。
全体を力を入れて磨いていくと、とてもピカピカになるんですよ(^O^)


15、完成!

気が済むまで磨きヘラでシルバーペンダントを磨いたら、完成です!!


はい、ということでシルバーペンダントの作り方を紹介してきました。

この時の製作時間は、ちょこちょこやって大体3日くらいかかった思います。
でも集中して作業をすれば、1日で完成すると思いますよ。


僕はシルバーペンダントにチェーンを通す穴を自分で作りましたが、シルバーペンダント自体に穴を開けて市販のまるかん等でチェーンを通すなら もっと簡単に作れますし、なにより今回は2回も折って修正もしたのでその分時間がかかりました(^^;)

まぁ、そのおかげ(?)で修正の仕方を説明できたのでよかったという事にしましょう(笑)

クロスモチーフのシルバーペンダントもそんなに難しくなく制作できるので、是非チャレンジしてみて下さいね♪


次のページでは、月型甲丸リングの作り方を説明しています。


◆メニューリスト◆
◆上達のためのスパイス☆
◆インストラクターを目指す!
◆材料・道具をそろえよう!
◆レビュー


Copy Right (C) 2006-2010 citkk.com All Rights Reserved アートクレイシルバーK-K  SEO対策済テンプレート