簡単なシルバーリングの作り方

TOPアートクレイメニューアートクレイシルバー作り方紹介>粘土タイプで作る簡単なシルバーリングの作り方

粘土タイプで作る簡単なシルバーリングの作り方

粘土タイプで作る簡単なシルバーリングの作り方を、実際に制作していった手順に沿って説明していきますね。

1、シルバーリングを付けたい指のサイズを測る。

指輪サイズゲージという紙でできたサイズゲージで、リングを付けたい指のサイズを測ります。

丸い穴がたくさんあり、その穴の一つ一つに指輪のサイズが書いてあるので、左の画像のように シルバーリングをつけたい指を実際に入れて、何号なのか調べます。

2、付箋紙(ポストイット)を木心棒に巻きつけます。

シルバーリングを着ける指の号数を調べ終わったら、出来上がりが小さくなることを考え、それよりも3号程度大きいサイズの穴に木心棒という 木でできた棒を入れ、鉛筆などでしるしを付けておきます。

そのしるしを付けたところに付箋紙を巻きつけて、ずれないようにセロテープで固定しましょう。
それができたら、シルバーリング作成の準備は完了です。

3、銀粘土の袋をあけて、粘土を出します。

袋の中に銀粘土が入っていますので、封を切って袋を開けます。
中には包装された銀粘土が入っていますので、それを取り出し、包装から銀粘土を取ります。

はがした包装に粘土が付着している事があるので、こそぎ取って、取り出した粘土の上に足しておきましょう。

4、銀粘土をこねて、丸くします。

銀粘土をこねる際には手につかない様に、2重にしたサランラップを使用して、その中でこねましょう。
中に空気が入ると焼いた時に、内部破裂を起こしひび割れ等を起こしてしまう原因となるので、中の空気を押し出すようにして、こねていきます。

こねた粘土を手のひらでくるくると丸くしていきます。左の画像のように丸くなればオッケーです。

5、丸くした粘土をひも状に伸ばします。

粘土を木芯棒に巻きつける為、4で丸くした粘土をひも状に伸ばします。

まず、丸い粘土を軽く俵型にして、伸ばしやすい形にします。
そして、それを上からアクリルケース等を使って伸ばして行きます。
ぐりぐりっと、長さと幅のバランスを見つつ伸ばして行きましょう。

作業をしているうちに、乾燥してきてしまう事もありますが、そういった場合には表面に少し水をつけてあげましょうね。

6、ひも状に伸ばした粘土を木心棒に巻きつけます。

伸ばした粘土を木芯棒に巻くために、伸ばした粘土に軽く水をつけ、付箋紙に張り付きやすくします。

水を塗りながら、軽く粘土を付箋紙に押し付けるようにして巻きます。
ぐるっと巻いて余った所は、合わせ目の辺りで、カッターなどを使って切ります。
その切り口の合せ目を、水で濡らして指でなじませて行きましょう。


7、全体をちょこっとキレイにします。

巻きつけた粘土をぐるっと観察してみて、気になる所があったら、水を付けた指でなぞって整えます。
つなぎ目のあたりは、水や粘土を水でといて作ったペースト状の粘土を塗ってよーくなじませましょう!


8、乾燥させる。

気になる所がないようなら、リングを乾燥させましょう。

乾燥させる時はたいていドライヤーを使って乾燥させます。温風を30分くらいあてて乾燥させました。
自然乾燥だと1日位かかります。

9、乾燥したリングを整形する。

乾燥したリングを整形していきます。
本格的に乾燥させると粘土の状態に戻すのは困難ですので、乾燥させる前に気になる所はしっかり治しておきましょうね。

乾燥したリングから付箋紙を外し、ヤスリを使って全体を整えて行きます。
初めは荒いヤスリでおおまかに整え、その後はスポンジやすりなどを使って整えていきましょう。

きれいに整形するのには結構時間がかかりますが、ここできれいにしておかないと焼きあがりに影響がでてしまうので、 しっかりきれいにした方がいいです。

10、リングに彫り模様を入れる。

今回作成したシルバーリングには模様を入れました。
まず、整形したリングに鉛筆で下書きをし、そしてその下書きをなぞるように、ニードルと言う彫る為の工具やカッター等で彫って行きます。
今回は、十字の線を指輪に彫りました。

11、焼成する。

ついに焼成です。もう未練はないでしょうか?
焼いてしまうと銀になるので、修正は大変困難になります。
気になる所は粘土のうちになおしてしまいましょうね。

今回、指輪を焼く為に使った物は、シルバーポットと言う物で、固形燃料を使って作品を焼きます。

シルバーポットは、本来はPMC用のものですが、燃料が燃え尽きたら焼成終了という、とても手軽な焼成道具です。

画像の様にリングを網の真ん中にのせ、上にふたをかぶせます。
マッチやライター等で固形燃料に火をつけたら、後は焼き上がりを待つだけです。

12、焼き上がった作品を仕上げる。

火が燃え尽きたら焼成完了です!すぐにでも見たい所ですが、焼き終わった直後はとっても熱く、 火傷してしまうので少し時間をおきましょう。

そして冷めた頃にポットからだします。
焼きあがったリングは真っ白になっているのですが、これをステンレスブラシで磨いていくと銀の地肌が見えてきます。

そして、全体をステンレスブラシで磨いた後、鏡面仕上げというピカピカな仕上げにしたいので、磨きヘラという金属の棒で シルバーリングの全体を力を入れてこすっていきます。
すると、不思議な事にピカピカになっていきます。

13、完成!!

全体を磨きヘラで気の済むまで磨いたら、シルバーリングの完成です!

自分でシルバーリングを作る事はとても楽しく、作業に没頭してしまうんじゃないかと思います。


粘土タイプをひも状にして制作する工程は以上です。
作業はそこまで難しい物ではないので、是非チャレンジしてみて下さいね。

次のページではシリンジタイプで作るリングの制作手順を詳しく説明します。


◆メニューリスト◆
◆上達のためのスパイス☆
◆インストラクターを目指す!
◆材料・道具をそろえよう!
◆レビュー


Copy Right (C) 2006-2010 citkk.com All Rights Reserved アートクレイシルバーK-K  SEO対策済テンプレート