シルバー

TOPシルバー(銀)ってどんなもの?

シルバー(銀)とは?

誰でもシルバー(銀)を使用したアクセサリーや雑貨などを見たことがあると思うのですが、 そもそも、「シルバー・銀」という素材はどんな物なのでしょうか?

そんなシルバーのことを説明してみたいと思います。


シルバーは古来、金に次ぐ貴金属とされていて主に装飾品や貨幣に使用されている、とても古くから使われている金属です。

シルバーの特徴はやはり、その輝きではないでしょうか?

シルバーはとても綺麗で白く、柔らかいような感じをさせる輝きを放ちますよね。

それにはしっかりとした理由があって、可視光線という人間の目に光として感知できる電磁波を反射させる反射率が、 全ての金属の中で最も高いからなんです。

なので、しっかりと磨くことによって、銀白色の固体金属であるプラチナよりも綺麗な輝きを放つんですよ。

そして、展性という、「金属が打撃や圧延によって壊れないで薄い板などになる性質」と、 延性という「物体がその弾性限界を超えた張力を受けても壊れずに、引き延ばされる性質」が金の次に大きい金属でもあります。


銀の性質

銀の性質はいくつかありますが、まず1つめの性質として、「銀は全ての金属の中で熱と電気の伝導率が最も高い」という性質があります。

そのため、熱い紅茶やコーヒーに銀のスプーンを入れておくと、すごく熱くなります。

シルバーアクセサリーも銀なので、この性質をもちろんもっていますので、熱いお茶に入れる際にはご注意を!・・ってまず入れませんね(^^;)


2つ目の性質は、「銀は硝酸や濃硫酸に溶けてしまう」という性質です。

さすがに試したことはないですが、銀はそういった性質を持っているという事を覚えておきましょう。

覚えておけばシルバーアクセサリーをつけて硝酸や濃硫酸を扱うときにも注意できますからね!・・・ってまず扱いませんね(’▽’;)

ちなみに、金やプラチナは溶けないそうです。


そして3つ目の性質は、アクセサリーやジュエリーとしての銀の性質で最も知っておかなくてはならない性質で、 「銀は変色をしてしまう」という性質です。

これについては次のページの「シルバー(銀)は何故変色するんだろう?」で詳しく説明していますので、そちらをご覧下さいね。


ピンクシルバー?

聞いたことがあるかもしれませんが、シルバーには、ピンクシルバーというものもあります。

ピンクシルバーとは、シルバーに金を少し混ぜたもので、普通のシルバーが白っぽい輝きを放つのと比べ、 ピンクシルバーは柔らかさを感じさせるピンク色の輝きを持っている金属です。

金属の混ぜ合わせに高い技術を必要としたり、少量といえど金が入っているので、普通の銀に比べると値段がちょっと高めですね(^_^;)

でも、ピンク色の輝きはとても綺麗で華やかなので、普通の銀と比べるとやっぱり目を引かれます!


次のページでは、銀が何故変色をしてしまうのかを説明していきますね。


◆メニューリスト◆
◆上達のためのスパイス☆
◆インストラクターを目指す!
◆材料・道具をそろえよう!
◆レビュー


Copy Right (C) 2006-2010 citkk.com All Rights Reserved アートクレイシルバーK-K  SEO対策済テンプレート