シルバー(銀)の変色

TOPシルバー(銀)は何故変色するんだろう?

シルバー(銀)は何故変色してしまうのか?

お気に入りのシルバーアクセサリーを長いこと使っていたら、なにやら少しずつ輝きがなくなって変色してしまった!

あなたもそんな経験がありませんか?


銀は磨き次第でプラチナよりも綺麗な輝きを放ちますが、金やプラチナと違って変色を起こしてしまう金属なんです。

その原因は銀が化学変化を起こしやすいというところにあります。

銀は、空気中の硫化水素や水分中の二酸化硫黄といったものと反応を起こしてしまい、銀の表面に硫化銀というものを作ってしまう為に、 輝きが無くなっていったり、表面が黄褐色や黒っぽくなってしまうんです。

この現象を「硫化」といいます。

また、硫黄で反応してしまうので、シルバーアクセサリーをつけたまま温泉に入ると変色してしまいます(^_^;)


変色対策をしよう!

変色の対策方法を紹介します!


1つめの方法は、シルバーが変色しないように、メッキなどのコーティングをしておく、という方法です。

宝石店で売っているシルバージュエリーなどはロジウムメッキというメッキがかけられているそうです。 (ちなみにロジウムとは金属の1種です)

ただ、このロジウムメッキは銀の表面にロジウムでメッキするわけなので、 銀でありながらロジウムの輝きが目に入るという事になってしまいます。

簡単にできる表面加工としては、樹脂系の透明塗料スプレーでコーティングするという手段もあります。

金属の変色防止に効果のある、アクリル樹脂系透明塗料スプレーでシルバーアクセサリーの表面をコーティングすることによって、 銀の表面が空気に触れなくなるので、シルバーアクセサリーの変色を防止するんです。

また、この方法は色落ちを防ぎたい、いぶし作品の変色防止にも効果的です。


2つめの方法は、変色しないようにこまめにお手入れをするという方法です。

お手入れの方法は色々とありますが、普段のケアならやわらかい布でふいたり、シルバークロスという銀磨き用の布でふいたりといった感じです。

ちょっとの汚れならこの程度で大丈夫です。


3つめの方法は、変色してしまったシルバーアクセサリーをまた磨く、と言う方法です。

黒っぽくなってしまった場合でもしっかりとケアをすれば、また元の輝きを取り戻してピカピカになります!

その方法は色々ありますが、1番ポピュラーな方法は上でも紹介した銀磨き用の布である、シルバークロスで磨くという方法です。

少し程度の変色ならば、シルバークロスでごしごしと磨くことですぐに輝きを取り戻します。

かなり変色している場合でも、シルバークロスに研磨剤をつけて磨けばピカピカになります。

他にも、ペースト状にした重曹でこする方法、アートクレイ作品ならば再焼成すると言った方法もあります。


次のページでは、シルバーアクセサリーのお手入れ方法を詳しく解説していきますね。


◆メニューリスト◆
◆上達のためのスパイス☆
◆インストラクターを目指す!
◆材料・道具をそろえよう!
◆レビュー


Copy Right (C) 2006-2010 citkk.com All Rights Reserved アートクレイシルバーK-K  SEO対策済テンプレート