シルバーアクセサリー925

TOPシルバーアクセサリーに刻印されている925の意味

シルバーアクセサリーに刻印されている925の意味

シルバーアクセサリーには、925やSV925、またはSILVERやSTERLINGなどの文字が刻印されています。 この文字がなぜ刻印されているのか説明していきますね。


まずはじめに、925はきゅーにーごーと読みます。

この数字が何の意味を持っているのかというと、純銀の含有率が92.5%ですよー、ということを表しているんです。

シルバーアクセサリーの多くが、この925という銀を使用して作られています。
また、この925とは純銀の含有率が92.5%なので、残りの7.5%は銅などの他の物質を含んでいるということも表しているんですよ。

ここで、疑問が生まれますよね。

「なんで、銀を100%使用してないんだろうか?」
これにはしっかりとした理由があるんです。

その理由は、銀の強度にあります。

シルバーはやわらかい物質であるため、そのまま使用するとすぐに傷がついたり、曲がったりしてしまうんです。

そこで強度を強くするために、純銀を92.5%使って、残りの7.5%を銅などの他の物質で補っているわけです。

また、シルバーアクセサリーの銀の含有率が92.5%の物を「スターリングシルバー」と呼びます。


スターリングシルバー

上の方でも説明しました通り、シルバーアクセサリーのほとんどがシルバー925で作られているのですが、 この925を別名で「スターリングシルバー」といいます。

スターリングシルバーには「本物の、価値のある」などの意味があって、 純銀の含有率が92.5%であれば銀製品としての価値があるということを表しているんです。

925をスターリングシルバーと呼ぶために、925の刻印のほか、「STERLING」などの刻印が入っていることもあります。


他の銀の種類

純銀の含有率によって、いくつか銀の種類があります。

1000は純銀含有率が100%で、そのまま「純銀」と呼ばれています。
やわらかすぎて、このまま使われることはあまりないようです。

950は純銀含有率が95%で「ブルタニア、5分落ち」などと呼ばれています。
主にハンドメイドでのアクセサリー製作に使われているそうです。

925は純銀含有率が92.5%で「スターリングシルバー」と呼ばれています。
ロストワックスなどのアクセサリー製作に使用されているそうです。

ちなみに、銀粘土の作品の純銀の含有率は99.9%なので、999になりますね。


次のページでは、金属アレルギーの症状と対策について説明しています。


◆メニューリスト◆
◆上達のためのスパイス☆
◆インストラクターを目指す!
◆材料・道具をそろえよう!
◆レビュー


Copy Right (C) 2006-2010 citkk.com All Rights Reserved アートクレイシルバーK-K  SEO対策済テンプレート