銀粘土をまとめて使う方法

TOP超初心者の為の銀粘土講座!銀粘土をまとめて使う方法

銀粘土をまとめて使いたい時の方法

あまった銀粘土を保管していたら、小さい銀粘土ばかり増えてしまった・・・。
大きい作品を作りたいから銀粘土をまとめて大きくして使いたい!

そんな時に、銀粘土をまとめて使う手順を説明しますね!
(ちなみに今回は小さい3つの銀粘土をまとめています。)


1、1つ目の銀粘土の表面に水を塗る。

まずはサランラップを用意し、その上にくつけやすいように伸ばした1つ目の銀粘土を置きます。
そして、その銀粘土の表面に水を塗ります。


2、2つ目の銀粘土の表面に水を塗る。

2つ目の銀粘土も同じ様にのばし、水を塗ります。


3、1と2をくっつける。

1つ目の銀粘土と2つ目の銀粘土の水を塗った表面を合わせてくっつけます。

この時、水がついているので粘土同士をあわせると結構すべるのですが、とりあえずペタっとくっつけて、上からすこしだけ押します。


4、3つ目の粘土の表面に水を塗る。

3つ目の粘土も薄く伸ばし、表面に水を塗ります。
くっつけたあとの2の表面にも水を塗っておきます。


5、2の上に3をくつける。

1と2をくっつけた銀粘土の上に、さらに3つ目の銀粘土を上からおしつけます。
これで、とりあえずは3つの銀粘土がくっつきました。


6、くつけた粘土をこねてまとめる。

くっつけた粘土をサランラップで包み、こねます。
このときには空気が入らないように気をつけましょうね。


5、小さい粘土が1まとまりになりましたー。

こねていって、いい具合になったらオッケーです!
これで1まとまりになったので自分の使いたいように使いましょう。
右下の画像はとりあえず丸めてみたものです。


銀粘土をまとめて使う手順は以上で終了になります。
基本的には、粘土同士をくっつけて、こねてまとめるという方法なので、簡単ですよ。

これで、小さい粘土がたくさん集まってしまっても、大丈夫ですね(^ー^)


次のページでは、鏡面仕上げの方法と手順を紹介しています。


◆メニューリスト◆
◆上達のためのスパイス☆
◆インストラクターを目指す!
◆材料・道具をそろえよう!
◆レビュー


Copy Right (C) 2006-2010 citkk.com All Rights Reserved アートクレイシルバーK-K  SEO対策済テンプレート