銀粘土はこねた方がいいの?

TOP銀粘土はこねた方がいいの?

銀粘土はこねたほうがいいの?

銀粘土はこねた方がいいのでしょうか?
ふとそんな疑問が浮かびました。

僕はいつも作品を作るときは銀粘土をこねていたのですが、いろいろと調べた結果、 銀粘土にはこねたほうがいい場合とこねなくてもいい場合があるようです。

どんなときにこねるべきか?どんなときにこねなくてもいいのか? 参考になればと少しまとめてみました。


こねた方がいい場合

まずこねた方がいい場合ですが、粘土が固い場合や失敗してやり直す場合などです。

第1に粘土が固い場合は、こねることで粘土を柔らかくして粘土の伸びをよくしたり、扱いやすくするためにこねます。

第2に失敗してやり直す場合ですが、また元の状態に戻すわけですので、こねないとどうしようもないですよね^^;


こねる場合の注意としては、まず水をつけすぎないこと。水をつけすぎると粘土が柔らかくなりすぎて大変なことになります(汗)

次に、ラップで包んでその上からこねること。そうすることで手に粘土がつくことを防ぎます。

最後に、中に空気が入らないようにこねていくこと。空気が入ってしまうと焼いたときに破裂してしまうので、それを防ぐために空気が入らないようにこねていきます。


こねなくてもいい場合

こねなくてもいい場合は、新品の粘土を使うときです。

新品の銀粘土はあけたときの状態が一番いい状態らしいので、形を変えたりしない場合はそのまま伸ばしていったりしたほうがいいようです。


ただ新品でも例外があって、少し硬い場合や伸びが悪い場合などは水をすこーしだけつけてこねた方がいいです。

やはりこの辺は粘土の状態にもよるようですね〜。


僕の場合は新品だろうがなんだろうが始めたときからずーっとこねてきたので常にこねる人です^^;

ただ、下手にこねると空気が入る恐れなどもあることは確かなので、新品を使う場合自分でこねなくても大丈夫かな?と思ったらそのまま使うのもありだと思います。

こねるこねないはその人その人の作り方によって違うと思うので、自分のベストのやり方でやるのが一番ですね。


ちなみに僕がいつもやっているこねかたはこちらで紹介しています→銀粘土をこねて丸めてみよう!


次のページでは、銀粘土の失敗談を語っています。


◆メニューリスト◆
◆上達のためのスパイス☆
◆インストラクターを目指す!
◆材料・道具をそろえよう!
◆レビュー


Copy Right (C) 2006-2010 citkk.com All Rights Reserved アートクレイシルバーK-K  SEO対策済テンプレート