金属アレルギーの症状と対策

TOP金属アレルギーの症状と対策

金属アレルギーの症状と対策

金属のアクセサリーを見に付ける上でとても気をつけたいことが、金属アレルギーです。 その金属アレルギーの症状、原因、対策など、僕が調べたことを紹介していきますね。


そもそも金属アレルギーの症状ってどんなもの?

日用品やアクセサリーなどに使われている金属が汗などで溶けることにより、溶けた金属がイオン化します。
そのイオン化した金属が体内に入ることで、次に同じ金属が接触すると拒絶反応を起こしてしまうんです。

そして、その拒絶反応によって皮膚がかぶれてしまいます。

この症状を「アレルギー性接触皮膚炎」と言いますが、そういった症状が金属アレルギーと言われています。


金属アレルギーの起こる原因とは?

金属アレルギーが1番起こりやすい状態と言えるのが、ピアスを初めてつけるときなんです。 何故かというと、ピアスは皮膚を貫いて皮下組織に直接金属が接することになるので、拒絶反応を起こしやすいのです。

指輪は表皮が厚い指にするので、金属は表皮に阻まれて体内に入りにくく、ピアスよりも金属アレルギーを起こしやすいと言うことはありません。


金属アレルギーは誰でもかかるというわけではなく、二つの条件によってかかります。 その二つの条件とは、「身に付けた金属」と「付けている人の条件」です。

「身に付けた金属」とは、その金属が溶け出しやすい金属かどうか?という所がポイントになります。

金属アレルギーを起こしやすい金属は、ニッケル・コバルト・クロムなどで、銀や金・プラチナ・チタンなどは起こりにくい金属です。
低品度な金属ほど、アレルギーを起こしやすいと言われています。


次に「付けている人の条件」とは、その金属に触れる回数や体質などです。
金属に触れる回数が多ければ多いほど、金属アレルギーになる確率が高くなります。

体質と言うのは、汗をかきやすい・かきにくい、角質層が厚い・薄い、などの様々な要因のことです。

金属アレルギーの原因が、金属が汗や体液で溶けることから始まることは説明しましたが、 汗をかきやすいと言うことは、金属が溶けやすいともいえますので、金属アレルギーになりやすいということなのです。

汗は酸性なので、酸に弱い金属は溶けてしまうんです。
なので、汗をかきやすい夏場は金属アレルギーが発症しやすい時期といえます。 逆に言うと、冬は金属アレルギーになりにくい時期ともいえます。


金属アレルギーの対策方法とは?

まず第1に、どの金属が自分にとってダメな金属なのかを知り、その金属を身につけない、という方法があります。

医者でパッチテストというものを行うことで、どの金属に自分が弱いのかを知ることが出来ます。 そして、その自分が弱い金属を使用しないことで、金属アレルギーを防ぐことができます。


そして次は、金属アレルギーになりやすい原因のピアスについての対策になりますが、 まず絶対に不衛生な環境でピアスをしない、ということが大切です。

初めてのピアスは生傷の状態と言っても過言ではないので、しっかりと清潔を保っておくことがとても重要になります。 また、清潔と消毒は違うので、消毒のしすぎには気をつけましょう。

そして、ピアスの素材にも気をつけることが対策になります。

金、プラチナ、銀は比較的金属アレルギーになりにくいのですが、一番安全なのがチタンです。 そして、ピアスポストの長さも大変重要で、耳たぶが厚いのに短いものを使用していると常に耳を圧迫することになり、 アレルギーを引き起こす原因になるのでそういった面も気をつけてピアスを選びましょう。


金属アレルギー自体は治療することができないので、原因と対策を知ることで金属アレルギーにかからないように気をつけましょう。


次のページでは、アートクレイシルバーで作った作品を紹介しています。


◆メニューリスト◆
◆上達のためのスパイス☆
◆インストラクターを目指す!
◆材料・道具をそろえよう!
◆レビュー


Copy Right (C) 2006-2010 citkk.com All Rights Reserved アートクレイシルバーK-K  SEO対策済テンプレート