簡単なシルバーペンダントの作り方

TOPアートクレイメニューアートクレイシルバー作り方紹介簡単なシルバーペンダントの作り方

簡単なプレート状のシルバーペンダントの作り方

簡単に作れる、プレート状のシルバーペンダントの作り方を、実際に制作していった手順に沿って説明していきますね。

1、型紙を用意する。

ペンダントに付けたい模様の型紙を用意します。
今回はアルファベットのKをアレンジした感じの型紙を作って用意しました。


2、粘土を丸めます。

銀粘土の袋をあけ、中から粘土を出します。
そして銀粘土を下に押し付けながら、手のひらなどを使ってくるくるっと画像のように丸めます。


3、粘土を平らにします。

丸めた銀粘土を指で押しつぶして、平らにしていきます。
なるべく一定の厚さになるようにするのがポイントです。

もしも乾燥してきてしまい、ひび割れが起こってしまったら、その箇所に水を軽くつけてなじませましょう。


4、平らにした粘土の上に型紙を乗せる。

ある程度一定の厚さに形を整えて伸ばしていったら、画像のように模様を付けたい場所に型紙を乗せます。


5、ローラーを転がして、型紙の模様を付ける。

型紙を乗せた上からローラーを転がし、平らにした粘土に型紙を押し入れます。
そして、型紙をはずすと、多少見にくいかもしれませんが、右下の画像のように型紙の模様がつきます。


6、乾燥させます。

型紙の跡をつけたプレート状の粘土を乾燥させます。
ドライヤーの温風をあてて、15〜30分程度乾燥させましょう。


7、ヤスリで形を整える。

しっかりと乾燥させたら、次は形を整えていきます。表面や側面をヤスリで削り、綺麗にしていきましょう。
型紙を押した面は削りすぎると、模様が目立たなくなってしまうので、あまり削りすぎないようにしましょうね。


8、ピンバイスで穴を開ける。

全体の形を整え終えたら、チェーンの通す金具を付けるための穴を開けます。
今回は乾燥させた後にピンバイスで開けましたが、粘土状態の時にストローなどで開けても大丈夫です。


9、ペンダントを焼いて、ステンレスブラシで磨く。

穴を開けたら、電気炉やガスコンロ、シルバーポットなどの焼成機器を使って焼きます。

焼き終えた作品は真っ白になっていますので、それをステンレスブラシでごしごしと磨いていきます。


10、磨きヘラで全体を磨く。

ステンレスブラシで全体を磨いた後は、磨きヘラという金属の棒で全体を力を込めて磨いていきます。

そうして磨いていくと、作品がピカピカになっていくんですよ。


11、いぶし液につけて、作品をいぶす。

型紙の部分の模様を目立たせるために、いぶし液を使って作品をいぶします。

熱湯を用意し、中にいぶし液を数滴たらします。
そして、しばらく浸けたあと作品を取り出すと、画像のように全体が真っ黒になるんです。

12、全体のいぶしを落とす。

全体が黒いと模様が目立たないので、模様以外の場所のいぶしを落としていきましょう。

ウィノールという研磨剤を付けたシルバークロスで全体を磨いていき、いぶしを落とします。


13、チェーンを通すための金具をつける。

全体のいぶしを落としたら、チェーンを通すための金具を付けます。
画像のように、前もって開けておいた穴に金具を通しましょう。


14、完成!

金具にチェーンを通したら、完成です!!


簡単なプレート状のシルバーペンダントの作り方を解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

型紙だけでなくスタンプをおしてもいいですし、プレートの形を変えるだけでも様々な作品を作ることができるので、色々とチャレンジしてみるのもイイと思います^^


◆銀粘土コラム&小技
◆いろいろコラム
Copy Right (C) 2006-2010 citkk.com All Rights Reserved アートクレイシルバーK-K  SEO対策済テンプレート