銀粘土作品☆鋳造

TOP銀粘土作品を鋳造してみた。

銀粘土作品を鋳造してみた。

銀粘土の作品でも、WAXのように鋳造し複製できるのを知っていますか?

鋳造は、主に業者に頼むのが一般的で、ここではその流れを僕が実際に鋳造依頼したときの体験談とともに紹介していきますね。


鋳造をしてみよう!

きっかけは前のバイトの後輩の「その指輪マジカッコイイっすねー!欲しいです!作ってくださいよ(笑)」という言葉でした。

後輩からオーダーを受けた僕は、さっそく指輪を作ろうと思ったのですが、同じようにもう1回作ってもつまらないなぁ〜と思ったんです。


そんなとき、知り合いの方が銀粘土作品を鋳造してた事を思い出し、僕もやってみようと思ったのです。

鋳造の事をまったく知らなかった僕は、さっそくメールして色々聞いてみました。

そして、鋳造を依頼するとどれくらいの期間がかかるのかや値段などから、実際に鋳造を頼んでいるお店までとても丁寧に教えていただきました。
(いつもいつも本当にありがとうございます!)

そして、僕は初めて鋳造をしてみる事にしたんです。


お店に行ってみた。

まず、教えていただいたショップのサイトをみて、色々と調べてみました。
(ちなみにそのショップはシーフォースというお店です)

サイトには、とても分かりやすく鋳造の流れが書いてあり、1gあたりの地金の値段なども書いてあったのでとても参考になりました。

そして色々調べてから数日後、直接ショップに行ってみる事にしたんです。


が、地図をしっかり覚えてこなかったため、結構迷いました・・・(汗)

サイトで見た地図と周辺にある建物などの特徴を思い出し、しばらくさまよっていたら、なんとかたどり着いたんです。

お店には、なんだかよく分からないような道具がたくさんあって、見ているのも楽しかったんですが、僕の目的は鋳造です!

さっそく店員さんに勇気を出して声をかけました。


「あ、あのー鋳造をお願いしたいんですが、初めてなものでちょっとよくわかんないんですけどー・・・」
と言うと、色々としっかり教えてくださいました。


とりあえず1週間くらいかかるということで、その日は鋳造をお願いして帰りました。
この日は依頼をしただけで、お会計は品物と引き換えでした。


再びお店へ。

そして1週間ほどたったころ、「キャスト(鋳造)があがりましたよー」という知らせ(電話)をうけたので取りに行くことに。

1度迷ったかいもあって、今回は順調にお店に着きました(笑)


さっそくレジにいって「あのー、鋳造をおねがいしてたんですがー」と依頼したときに受け取った紙を差し出すと、 ゴム型と元の作品と鋳造した物を入れた袋を渡され、お会計をしました。


今回は、ゴム型と鋳造した地金代がかかりましたが、次からはこのゴム型があるので地金代だけで鋳造できます。

ちなみにゴム型は2000〜3000円くらいで、僕の指輪のゴム型は3000円でした。

ゴム型はこの様なものです



初めての地金加工。

鋳造が終わり、オーダーを受けた指輪の6割(?)くらいは完成です。

あとの残りは湯道という鋳造した物についているバリの様な物を削るのと、全体的にちょっと気になる所を手入れするのと、 石を留めること、そして燻し仕上げです。

しかし、僕は困りました。
なぜかというと、今まで地金を加工したことが無かったからです!(汗)


だからもちろん地金を削ったり、石を入れるために使ったりする道具も全くわからない、どうしようもなくへっぽこな状態でした。

また、色々と調べたり、聞いたりして、何とか必要な道具がわかったので買いにいくことにしたのです。

そして、ロールサンダーやらを色々買いまして、湯道や気になる所をリューターで削って整えました。

よし、オッケー。次は石を留めよう!
ん、石って・・・どうやって留めるんだ?(ーー;)


石留め。

地金に対しての石留めの仕方もまたまた教えていただいて、必要な物を入手しました。
使用した石は、合成石です。


今回の石留めの方法を説明しますと、

1、石を留めたいところを石の大きさよりも少し小さいドリルで穴を貫通させる。
2、ストーンセッティングという石を入れる場所を掘るような工具で石と同じ直径の穴を石が地金のちょっと下になるくらいまで掘る。
3、そこに石を入れて、石の周りをアートクレイ油性ペーストで補強して焼く。

という方法でした。


油性ペーストで石の周りを補強すると、少々石の見える部分が少なくなるんですけど、石がしっかり留まります。
ちょこっと難しかったですねー。ぼちぼち苦戦しました。

そして、問題がもう1つあったんです(汗)


後輩に頼まれていた石の色が「黒」だったんですが、黒い合成石を焼くと、変色して黒じゃなくなっちゃうんですよ・・・。

これは石屋さんに行った時に聞いても、やっぱり変色してしまうということだったんですが、 とりあえず何とかなるかなぁと思って、黒い合成石を3つ買ったんです。

そして、とりあえず2個だけ黒い合成石を試し焼きしてみたら、見事に透明になってしまいました(・_・;)

ここで、とりあえず後輩に相談することに。

そうすると、「透明もよさそうですねー」という事になったので、最後の1つの黒い石をつけて、焼くことに決めました。

そして、焼いてみると・・・何故かこの石だけ変色せずに黒いまま!!

いやーびっくりしました(笑)

ともあれ、黒という最初の希望通りになったので、よかったです♪


仕上げ

オーダー品の最後の仕上げは、この作品のカギでもある、燻し。
これも難しかったっす。

結構感覚でやっていたので、同じような色合いにするのに苦労しましたね(^_^;)

さすがに全く同じ色という風にはならなかったですが、かなりイイ感じに仕上がりました!

完成品はこちら


始めはどうなることかと思いましたが、出来てよかったです!


同じように作るのでは無く、キャスト(鋳造)を試して見たことによって、鋳造の事や地金の加工の仕方など色々と勉強になりましたし、 後輩も満足していたので、僕もうれしかったです。


注意としては、できた作品が元の大きさより若干小さくなる事。(リングの場合はもちろんサイズも小さくなります。)

鋳造鋳造と言わず、キャストという言葉を使ったほうがカッコいい事(笑)。

工具も一緒に買っておくと2度手間にならなかったなぁと思った事。
などです。

全く同じ物を作るときは、鋳造という手段をを試してみると勉強にもなりますし、いいと思いますよ(^-^)


次のページは、銀粘土をこねたほうがいいのか?というコラムです。


◆メニューリスト◆
◆上達のためのスパイス☆
◆インストラクターを目指す!
◆材料・道具をそろえよう!
◆レビュー


Copy Right (C) 2006-2010 citkk.com All Rights Reserved アートクレイシルバーK-K  SEO対策済テンプレート