銀粘土の道具

TOPアートクレイメニュー >銀粘土はどんな道具を使うんだろう?

銀粘土はどんな道具を使うんだろう?

銀粘土でアクセサリーを作るときに、どんな道具を使うのか知りたい方の為に、銀粘土の道具の紹介をしていきますね。

このページでは、銀粘土でアクセサリーを作るときに最低限必要だなぁと僕が感じた物だけを紹介しています。

他にも色々な銀粘土の道具がありますので、もっと詳しく知りたい方や興味のある方は、この文の下のメニューから見てみてくださいね。

最低限必要な道具 材料関係 あると便利な道具 その他の道具
最低限必要な道具

銀粘土

何がなくとも材料の銀粘土がなきゃ始まりません。
作りたい物にあわせ、粘土タイプ、ペーストタイプ、シリンジタイプなどを用意しましょう。

通販で見てみる→【送料無料】【銀粘土】アートクレイシルバー650粘土タイプ20g


下敷き

100均などで売っている、普通の下敷きです。
この下敷きにクッキングペーパーを貼り付けて、作業をするフィールドにします。

通販で見てみる→uni Palette(パレット) 下敷き 青


クッキングペーパー(シート)

クッキー等を焼くときに下にひくものです。
下敷きのところで説明したように、下敷きに貼り付けます。

そうする事によって粘土が下にくっつかなくなるんです!かなり重要!!
ビバ!クッキングペーパーってなもんです。

通販で見てみる→クッキングシート


サランラップ

普通のサランラップです。
これを使って粘土をこねたり、粘土をくるんで保管するときなどに使います。

クッキングペーパー同様、とても重要なものです。
今のうちにキッチンからくすねておきましょう。

通販で見てみる→サランラップ22cm×15m


水入れ

水を入れておくものです。
水が入ればなんでもいいと思います。
銀粘土で作業をする時に水を頻繁に使うので、水を入れて作業台に置いておきます。
僕が使ってるのは100均で買った物です。


カッター

カッターです。
粘土をきったり、削ったり、色んな事に使えるので1本持っといて損は無いと思います。

左に写っているのは替え刃です。

通販で見てみる→カッター


溶き皿

ペーストを水で溶く時や、ペーストが無いときに粘土を溶いてペーストを作る時に使います。
皿ならなんでもいいと思いますし、むしろ皿じゃなくてもいいと思います。
使いやすい物を使いましょう。

これも100均で入手しました。



粘土に水を塗るときや、ペーストを塗るときなどに使います。
筆は無いと困ると思いますので、是非揃えておきましょう。

先がハケのようになっている筆は、削り粉を払う時に大変便利です。

通販で見てみる→筆 (細)


ヤスリ

主に乾燥した粘土を削って形を整えたり、表面をキレイにすると言った事に使います。
他にも削り出しの模様を付けるときなどにも使います。

ヤスリは色々な物がありますが、用途によって使い分けていくことが大切です。
僕は使い分けるほど持っていませんが・・・。

通販で見てみる→中目ヤスリ


焼成器具

銀粘土を焼くための道具です。

画像では電気炉を乗せていますが、他にもガスバーナーやガスコンロで焼くための道具など色々あります。
そのうち、何かしら1つでも持っていればオーケーです。

通販で見てみる→【送料無料】家庭用小型電気炉スーパープチ★キッチンポイントアップ祭★1201



焼き上がった作品を磨き、銀の地肌を出すために使います。(ちなみにステンレスブラシで磨いた状態を梨地といいます)

毛の長い物と毛の短い物がありますが、短い物が1つあればだいたい磨けると思います。
逆に長いのだけだと、リングの内側が磨けないです。

通販で見てみる→ステンレスブラシ (毛足長)



作品をピカピカにするための道具です。

ステンレスブラシで磨いた後、この磨きヘラのゴムじゃない所の側面を使って押し付けるように磨きます。
すると、作品がピカピカになるんです。(その仕上げ方を鏡面仕上げといいます)

先っぽを作品にあててしまうと傷がつく恐れがあるので気をつけましょう。

通販で見てみる→磨きヘラ (丸小)


リングを作るときに最低限必要な道具

上の道具にプラスして、これらの道具が必要になります。

指輪サイズを測る道具

自分の指のサイズを測る道具です。
これがないとリングのサイズが決められないので、作ることができないと思います。

サイズを測る道具は、上の画像のようなリングサイズゲージがあります。
左上のサイズゲージは紙で出来ているため、広がってしまったりする恐れもあるので、右上のサイズゲージの方がいいと思います。

通販で見てみる→リングゲージ (大) #1?#30



リングサイズの数字が書いてある、ステンレスの棒です。

リングサイズゲージでサイズを測り、それよりも3号程度大きいサイズの数字が書いてあるところに付箋紙を巻きつけ、 土台を作る事に使用します。そして、それをサイズ入り芯金棒から外して、木心棒に取り付ける、という手順になります。

他にもリングのゆがみを治す時などにも使います。

通販で見てみる→サイズ入り芯金棒 (#3?27) ステンレス製


付箋紙(ポストイット)

リング作りをするには欠かせない道具です。
これを木心棒に巻き、その上に粘土を巻いて作業する事になります。

ちなみに、付箋紙より高価になりますが、リングサイズシートという便利な物もあります。
リングサイズの長さがすでに書いてあるので、それを使えばサイズ入り芯金棒を使わなくてもサイズを合わせられるという優れものです。


木芯棒

これはリング作りには必須の道具です。
この木心棒に付箋紙を巻いて作業をするのですが、リングを作る作業の時はほぼ必ず使います。

また、焼成芯材を使用するときは、焼成芯材で作業をすることができるので、木心棒を使わなくても大丈夫です。

通販で見てみる→木芯棒(セパレート)


セロテープ

木心棒に付けた付箋紙を固定するために使います。
100均で買った物がなくなったので、家に置いてあった物を自分の物のように使ってます。


最低限必要な道具 材料関係 あると便利な道具 その他の道具

もっと詳しく道具を見たい方は、この文の上のメニューからどうぞ。

次のページでは、やってみたい!と思ったとき、どうやって始めればいいのか?という事を詳しく説明します。


◆メニューリスト◆
◆上達のためのスパイス☆
◆インストラクターを目指す!
◆材料・道具をそろえよう!
◆レビュー


Copy Right (C) 2006-2010 citkk.com All Rights Reserved アートクレイシルバーK-K  SEO対策済テンプレート