銀粘土ハンドクラフト

TOPアートクレイメニュー銀粘土ハンドクラフトのアクセサリー制作の流れ

銀粘土ハンドクラフトのアクセサリー制作の流れ

銀粘土ハンドクラフトで、アクセサリーを制作する時の流れを一通り説明しますと、 【造形】→【乾燥】→【整形】→【焼成】→【仕上げ】→【完成】 といった流れになっています。

各工程ごとに、それぞれどのような作業をするのか?という事を具体的に説明していきますね。


1、造形

銀粘土ハンドクラフトの1番初めの工程は【造形】です。
造形の工程を簡単に説明すると、銀粘土で作りたいものの大まかな形を作る、という工程です。

銀粘土をこねたり、ちぎったり、のばしたり、切ったり、盛ったり、削ったりして、 自分の作りたいものの大まかな形を作っていく作業になります。


2、乾燥

銀粘土ハンドクラフトの2番目の工程は【乾燥】です。
乾燥は、造形の工程で形作ったものを乾燥させて、硬くする工程です。

自然乾燥だと1日くらいかかりますが、だいたいはダンボールか何かの箱に、造形したものを入れて、 30分程度ドライヤーの温風をあてて乾燥させます。


3、整形

3番目の工程は、【整形】になります。
整形の工程は、おおまかに造形して乾燥させたものをキレイにして、完成に近づける工程です。

造形のときにおおまかに作ったものを、ヤスリで削ったり、更に銀粘土を盛ったりして、整形していきます。

初心者の場合は、大きめに造形して、少しずつヤスリなどで削って形作っていくほうが 失敗もしづらいと思います。

この工程は粘土の状態でできる最後の工程になります。
ここでの出来上がり具合がそのまま焼き上がりの銀の状態になってしまうので、 しっかりキレイにしておく事が大切です!


4、焼成

4番目の工程は、【焼成】です。
焼成は、整形で形作った粘土の状態のものを焼いて、銀にする工程です。

電気炉やガスバーナー、ガスコンロや簡易ポットなどで10分〜30分くらい焼きます。(温度によって時間が変わってきます)
焼きあがると、粘土が銀に大変身をとげています。びっくりですよね!

様々な焼成機器があって、ガスコンロなどでも焼けるので、自宅で全ての作業をすることができます。
この手軽さも銀粘土ハンドクラフトの魅力ですね♪


5、仕上げ

銀粘土ハンドクラフトの最後の工程は、【仕上げ】になります。
焼きあがって銀になったものを、ブラシやヤスリで磨き、仕上げをする工程です。

ピカピカの「鏡面仕上げ」や、黒ずんだ光沢を放つ「いぶし仕上げ」など、色々な仕上げ方がありますが、 自分の納得いく仕上げをしたら、自分でハンドクラフトしたシルバーアクセサリーの完成になります!

シルバーアクセサリーのハンドクラフトの流れは以上になります。

次のページでは、アートクレイシルバーでアクセサリーを作る時に使用する道工具の紹介をしますね。


◆メニューリスト◆
◆上達のためのスパイス☆
◆インストラクターを目指す!
◆材料・道具をそろえよう!
◆レビュー


Copy Right (C) 2006-2010 citkk.com All Rights Reserved アートクレイシルバーK-K  SEO対策済テンプレート